Freebsd 10.0へphp 5.5.15のインストール
topへ
おすすめ記事
Freebsd10.0LAMP
メールフォーム
添付メールフォーム
ビットコイン取引ボット

2014-07-29 05:14:46

Freebsd 10.0へphp 5.5.15のインストール

さあ、phpでlamp環境ができるよー。

最近のチートなお手軽、コマンド一発でインストール環境作成ソフトと比べれば、随分たいへんだよね。

まあ、そうなんだけどw

いいんです。規格化されたなんたらの弱点で(攻殻機動隊じゃあるまいし)じゃなくて。

気分的にいいんですw、本当はパッケージ化されたもんだとできないこと一個でると

大変なんですw

 

curlを入れる。 

pkg search curl

pkg install php55-curl-5.5.14

あれ、

pkg: WARNING: locally installed php5-5.4.30 conflicts on /usr/local/share/php/fpm/status.html with:
        - php55-5.5.14

 

なら

pkg install php5-curl-5.4.30

 

libmcryptを入れる。

pkg search libmcrypt

pkg install libmcrypt-2.5.8_1

 

 

phpはソースから入れなおすよ

http://www.php.net/

cd /usr/chane/src

tar zxvf php-5.5.15

cd php-5.5.15

 

 

 

./configure \
--with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs \
--enable-ftp \
--enable-mbstring \
--enable-mbregex \
--with-mysql=/usr/local/mysql/ \
--with-pdo-mysql=/usr/local/mysql/ \
--enable-gd-native-ttf \
--with-gd \
--with-freetype-dir=/usr \
--with-jpeg-dir=/usr/local/lib/ \
--with-zlib-dir=/usr/local/lib/ \
--with-png-dir=/usr/local/lib/ \
--with-curl=/usr/local/ \
--with-mysqli \
--with-mcrypt \
--with-openssl

 

 

 

 

 

 

 

 

make

/usr/local/lib/libz.a: could not read symbols: Bad value
cc: error: linker command failed with exit code 1 (use -v to see invocation)
*** Error code 1

 

とほほだなー

 

 pkg which /usr/local/lib/libz.a

 /usr/local/lib/libz.a was not found in the database

なんだろこれ

zlibがあやしい感じ

pkg search zlib

pkg install php55-zlib-5.5.14

 pkg: WARNING: locally installed php5-5.4.30 conflicts on /usr/local/share/php/fpm/status.html with:
        - php55-5.5.14

だめ

pkg install php5-zlib-5.4.30

入った。 

 

 

もう一回やり直し

./configure \
--with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs \
--enable-ftp \
--enable-mbstring \
--enable-mbregex \
--with-mysql=/usr/local/mysql/ \
--with-pdo-mysql=/usr/local/mysql/ \
--enable-gd-native-ttf \
--with-gd \
--with-freetype-dir=/usr \
--with-jpeg-dir=/usr/local/lib/ \
--with-zlib-dir=/usr/local/lib/ \
--with-png-dir=/usr/local/lib/ \
--with-curl=/usr/local/ \
--with-mysqli \
--with-mcrypt \
--with-openssl

make clean

make

エラーでるなよ。

なんだろ、このドキドキ感。

/usr/local/lib/libz.a: could not read symbols: Bad value
cc: error: linker command failed with exit code 1 (use -v to see invocation)
*** Error code 1

 だめか

 

 

 

http://ホームページの作成.com/42

で入れた、zlib-1.2.8が悪さしてるっぽいなー

GDの関連ファイルなんてソースからインストールするもんじゃない。

消そう。

rm /usr/local/lib/libz.a

rm /usr/local/share/man/man3/zlib.3

rm /usr/local/lib/pkgconfig/zlib.pc

rm /usr/local/include/zlib.h

m /usr/local/include/zconf.h

 

 

 

./configure \
--with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs \
--enable-ftp \
--enable-mbstring \
--enable-mbregex \
--with-mysql=/usr/local/mysql/ \
--with-pdo-mysql=/usr/local/mysql/ \
--enable-gd-native-ttf \
--with-gd \
--with-freetype-dir=/usr \
--with-jpeg-dir=/usr/local/lib/ \
--with-zlib-dir=/usr/local/lib/ \
--with-png-dir=/usr/local/lib/ \
--with-curl=/usr/local/ \
--with-mysqli \
--with-mcrypt \
--with-openssl

make clean

make

make install

 

 

 

 

でけた。

 

 

cp /usr/chane/src/php-5.5.15/php.ini-development /usr/local/lib/php.ini

chmod +w /usr/local/lib/php.ini

 

まあ、ここいらはお好きに。
vi /usr/local/lib/php.ini



[mbstring]
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = auto
mbstring.http_output = UTF-8
mbstring.encoding_translation = off
mbstring.detect_order = auto

zend.multibyte = On ← マルチバイト使用する
default_charset="UTF-8"
realpath_cache_size=256k           #16kから変更
session.gc_maxlifetime = 10800   #1440から変更 3時間に設定

date.timezone = Asia/Tokyo


upload_max_filesize = 500M
max_file_uploads = 100

post_max_size = 1000M


はっきりいって、動画でもなんでもupできる個人のサーバー設定ですよ。

 こんなサーバーはレンタルサーバーにはありまへん。

 

さてはて、apacheがphpを認識するようにして

 

 vi /usr/local/apache2/conf/mime.types

application/x-httpd-php                         php
application/x-httpd-php-source                  phps

追加

 

 

 

vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf 

 

 

 

をAllowOverride all にして

vi /usr/local/apache2/htdocs/test.php

   phpinfo();
?>

追加してから。

 

 

 

http://192.168.1.30/test.php

にアクセス

でけた。

 

これにて、最新のFreeBsd10.0によるLAMP環境のできあがり。

アー長かった。

次はFreebsd11くらいでてからかなー。

FreeBsdは2.0くらいからやってるけどどんどん変わっていくよね~。

しゃねちゃん的には、Freebsdは北斗神拳、linuxは南斗聖拳だと思っています。

だから、使う人が少ないんです。wwwwww

 

今回、今までどうり、portsで入れていこうとおもったが、Freebsdのportsのdistfile事態が

公式から消え失せて。

新しいくできた、pkgによる配布方式でかなりのものは、インストールできてしまった。

harfbuzz 脆弱性などもあり、もはや古い配布方式では、対応できないものがいっぱい

になってしまったんだろうね。

そもそも、関連ソフトも含めて、どんどん進化するものを、従来のようにあっちがこけて、

こっちがうごかなくて、みたいなことをみんながやってたら、大変だし。

ソースからのコンパイルもそのうち、なあにそれ?

みたくなってしまうんだろうかw。

 

え?portsをupdeteしろって?

最新の10.0なのにw

まあ、時間かかるしでけたからいいじゃん。