Freebsd 10.0へFreeType2 と GDのインストール pkg
topへ
おすすめ記事
Freebsd10.0LAMP
メールフォーム
添付メールフォーム
ビットコイン取引ボット

2014-07-26 06:01:19

Freebsd 10.0へFreeType2 と GDのインストール pkg

古い頭のしゃねちゃんは、portsでさくっと、FreeType2やGDを入れようと

思ったのだけども、現在最新のFreeBsd10.0を入れているにも関わらず。

portsがエラーでまくり、本家サイトにそもそもdistfileがないから止まる。

 

おかしいじゃない?

 

このままFreeBsdは滅んじゃうの?

と思って根本的にどうなのよと思っていたら、

http://distcache.freebsd.org/freebsd:10:x86:64/release/0/All/

txzファイルって何さw

とおもったら、freebsd9.0から標準圧縮がxzipになったらしい。

今までのgzipやbzip形式の.tar.gzや.tar.gz2のファイルが見当たらないわけだ。

てことは、今は移行期でportsがどうなんだろ。

って思ってよくよく調べてみると。

freebsd10.0から、pkgなるものがデフォで使えるらしい。

linuxならcnet-osにyumなんかあって、チートいいなーって思ってみていた人も

いると思うけど。

Freebsdもやっと追いついたみたい。そもそも現在調べまくった結果。コンパイルの必要な

portsはエラーでまくりなのに、pkgはあっさりバイナリなので、簡単にインストールできた。

要するに、バイナリをアップグレードが簡単にできる配布方式でgdやfreetype2はこれが

一番手っ取り早いみたいね。

ソースからゴニョゴニョ必要なもの以外はこれでいくことにした。

 

 

初めて使うときはこれ

 /usr/sbin/pkg 

色々と先に入れたから、pkgのDBを(/var/db/pkg)更新しておく。

/usr/local/sbin/pkg2ng

新しいものをダウンして、更新(windows updateのようなもの)

pkg update

pkg upgrade

yで開始、これが、今まで大変だったのよね~色々と。

 

freetype2を探す。

pkg search freetype2

pkg install freetype2-2.5.3_2

 

あんだけ苦労してできなかったもんが一瞬で。。。

 

 

pkg audit -F 脆弱性パッケージを調べて、up deteしてくれた。

Vulnxml file up-to-date.
0 problem(s) in the installed packages found.

 

pkg info 今までいれたpkgを表示するとソースから入れたはずのGDがない。

さてはて、ソースは反映しないのか?

 

 

 

 

 まあ、今後の脆弱性考えたらチートになったほうがいいよね。

もう一度いれてみよ。

pkg search gd

pkg install php5-gd-5.4.30

 

なんですか?この依存関係ファイルの多さ。

しゃねたんチートするうう。

ということで、portsでは失敗しまくりの。Freetype2とGDとそのお仲間の依存関係のファイルはあっさり入りましたとさ。

 

忘れないようにコマンドメモ。

pkg version

pkg version -l '<' 古いパッケージ確認

pkg version -l '>' 新しいパッケージ確認

pkg delete パッケージ名 削除