freebsd インストール(10.0-RELEASE)へapache2.4.20をインストール
topへ
おすすめ記事
Freebsd10.0LAMP
メールフォーム
添付メールフォーム
ビットコイン取引ボット

2014-07-24 02:15:46

freebsd インストール(10.0-RELEASE)へapache2.4.20をインストール

 

今日はやっとwebサーバーをソースから入れていくよ。

コンパイルにはpcreがいるので先に入れよう。

 http://pcre.org/

からpcre-8.35.tar.gzダウン後いつものように/usr/chne/srcにffftpで転送して。

(まあ、サーバーから直にダウンしたいときはwgetでもつかってね。)

cd /usr/chene/src

tar zxvf pcre-8.35.tar.gz

cd pcre-8.35

./configure

make

make install

 

 

 

さて、最近はarpが別配布になちゃったのよね。 arpってのは、osの違いを吸収するものだね。

だからそれを先にインストール。

 http://apr.apache.org/download.cgi

から、最新のapr-1.5.1.tar.gz と apr-util-1.5.3.tar.gzをダウン。

 

 

本体もダウン

http://httpd.apache.org/download.cgi 

httpd-2.4.10.tar.gz

をダウンロードだ。

 

 

 

転送したらまず解凍

cd /usr/chane/src

tar zxvf httpd-2.4.10.tar.gz

 

 

次にaprを解凍

tar zxvf apr-1.5.1.tar.gz

apacheの中に移動

mv apr-1.5.1 httpd-2.4.10/srclib/apr

 

 

次にapr -utilを解凍

tar zxvf apr-util-1.5.3.tar.gz

apacheの中に移動

mv apr-util-1.5.3 httpd-2.4.10/srclib/apr-util

 

cd httpd-2.4.10

 コンフィグルーはいろいろあるんだけど、しゃねちゃんはこんな感じ。

 


./configure \
--prefix=/usr/local/apache2 \
--enable-modules=all \
--enable-mods-shared=all \
--enable-mpms-shared=all \
--enable-rewrite \
--with-ssl=/usr/bin \
--enable-ssl \
--with-included-apr \
--with-pcre \
--enable-dav \
--enable-so \
--disable-ipv6\
--with-mpm=prefork


make
make install

 

cd /usr/local/apache2/conf

cp httpd.conf httpd_bak.conf  念のためバックアップを作っとく

 

vi httpd.conf

 

AcceptFilter http none
AcceptFilter https none

を追加、これは、FreeBsd特融の問題でなくてもうごくけど、ログに嫌なエラーがでるから。

 

 

 起動してみる。

/usr/local/apache2/bin/apachectl start

 

 ブラウザで192.168.1.30にアクセスしてみる。

 

動いたね。

 vi /etc/rc.local

/usr/local/apache2/bin/apachectl start

追加で、自動起動。