Freebsd 10.0 へ mysql-5.6.19 のインストール
topへ
おすすめ記事
Freebsd10.0LAMP
メールフォーム
添付メールフォーム
ビットコイン取引ボット

2014-07-22 23:23:16

Freebsd 10.0 へ mysql-5.6.19 のインストール

今日はデータベースのmysqlを入れていくよ。

失敗も入れてるから参考にするなら一通り読んでからをお勧めするよ。

FreeBsdが何故人気ないかわかるよ。

 

mysqlのサイトからお金のないしゃねたんは

MySQL Community Edition (GPL)を選びます。

更にMySQL Community Server (GPL)を選ぶと、プルダウンになるので、

FreeBsdを選ぶよ。

すると、FreeBSD 9.0 (x86, 64-bit), Compressed TAR Archive

というのしかない。10.0ないんだけどなー。

まあ、動くだろと思って、やってみたけどだめだったwwwww

scripts/mysql_install_db: Command not found.

 

 

 

じゃあ、ソースからにしてみるか。てことで、一番したの

 

Generic Linux (Architecture Independent), の

mysql-5.6.19.tar.gz

をダウンしてみた。

 

ログインしろとでるので、もし、登録してない人は先に登録してね。 

 

ということで、windows上にダウンしたものを、前回作ったftpでFreebsdにftpでupします。

のちのち、作業用のupフォルダとして

 /usr/chane/src

 というのを、ffftpで作っておいて、

その中にいれます。

 

 

 

 

ローカルだから早いね。

 次は、tera termのコンソールから、もう一度rootでログインすると

 

/usr/chane/srcに転送できていると思う

そのまま作業するが、cmakeなんか昔と違って、cmakeがいるんだってさ。

めんどくさいね。

 

 

cd /usr/ports/devel/cmake

make

=> port manually into /usr/ports/distfiles/ and try again.
*** Error code 1

 

あああああめんどくさい。

linuxにしたくなってきたwww

しゃあない。

cmakeもソースから。

http://www.cmake.org/

から、cmake-2.8.12.2.tar.gzをダウンして、転送。

cd /usr/chane/src

tar zxvf cmake-2.8.12.2.tar.gz

cd cmake-2.8.12.2

./bootstrap; make; make install

 /usr/chane/src/cmake-2.8.12.2/Source/kwsys/SystemInformation.cxx:3631:15: error: use of undeclared identifier
      'backtrace'
  int nFrames=backtrace(stackSymbols,256);

 

.......エラー

 FreeBsd 9系のがいいね、バイナリでうごいたし。

 

んじゃあ、cmake3.0系ためしてみよ

cd /usr/chane/src

tar zxvf cmake-3.0.0.tar.gz
cd cmake-3.0.0

./bootstrap && make && make install

 

 

成功したよw

 

 

 

 

やっと、mysql

 cd /usr/chane/src

 

 

 tar zxvf mysql-5.6.19.tar.gz

cd mysql-5.6.19

 

 cmake . -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local/mysql -DDEFAULT_CHARSET=utf8 -DDEFAULT_COLLATION=utf8_general_ci -DWITH_DEBUG=1

 

make

make install

 

 

 

 インストールできた。

 

 

pw groupadd mysql
pw useradd mysql -g mysql -d /usr/local/mysql -s /nonexistent

mysqlのユーザーとグループをFreebsdに登録

 

cd /usr/local/mysql

chown -R mysql .

chgrp -R mysql .

scripts/mysql_install_db --user=mysql

scripts/mysql_install_db: Command not found.

なんで!!!

 

まてよ、パールスクリプトというおちか?

そういや、普段はいろいろゴニョゴニョ入れてからだから、勝手にはいってんだよなー。

 

/usr/ports/lang/perl5.18
make

make install

 

もういちど

 scripts/mysql_install_db --user=mysql

 

あっさり、動いた。。。。。。

 

 

 

 http://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/en/binary-installation.html

を参考に続ける。

chown -R mysql .

chown -R mysql data

cp support-files/my-default.cnf /etc/my.cnf

bin/mysqld_safe --user=mysql &

 

 

 

今度は起動した。

 /usr/local/mysql/bin/mysqladmin -u root password 'パスワード'

rootのパスワードを入れておしまい。

 

テスト

/usr/local/mysql/bin/mysql -u root -pパスワード

show databases;

 

 

 

動いた動いためでたしめでたし。

 

 

ああ、my.cnfは今度ね。もう疲れた。

 

追加:自動起動わすれてた。

vi /etc/rc.local

/usr/local/mysql/bin/mysqld_safe --user=mysql &

を追加すると起動と同時にdbが起動するようになる。