freebsd インストール(10.0-RELEASE)②
topへ
おすすめ記事
Freebsd10.0LAMP
メールフォーム
添付メールフォーム
ビットコイン取引ボット

2014-07-11 19:48:58

freebsd インストール(10.0-RELEASE)②

前回、つくったインストールUSBメモリを使って

サーバーを作るよ。

さて、パーツなんだけども、あまりに古すぎるのも電気の無駄だし、新しすぎてももったない。

仕様的にちょっと古い世代のP5QSEのマザーボードが余っていたのでこれで。

  • P5QSE
  • メモリ 4G
  • HDD 500G

こんな感じでDDR2の5年前くらいのものですよ。

似たようなものは5000円くらいでハードoffなんかで買えるんじゃないかな。

 サーバーって、部品少なくてpcより簡素

 

 

cdとかいらないし、電気代無駄だし外したら空いてます。

 

 

 

 

 

キーボード、起動用USBメモリ、モニタ、電源、LANケーブルだけつけるよ。

 

そうそう、ネットの仕様は、ごく一般的な

 

 

 

 

みたいな、非固定IPのルータないのプライベート回線に設置したサーバーに、80ポートだけを

割り振って、外部から、安全にwebサーバーだけ独自ドメインで発信するといったもの。

もちろん、非固定IPであるから、メールはむりだけども、いくらでもサーバーに負荷を

かけても怒られない、レンタルサーバーでは不可能なwebサーバーができるよ。

 

 まずは、電源をいれてbiosを起動

 

個人のサーバーにはもったいないくらいの性能かな、ただ、本当はSSDにしたかったw

電気代が安くなるし、スピードがw、まあ、余ってたHDDで。

ちなみに、BIOSなのは、この時代くらいまでの機種が最後で以降は

UEFIになってたりするよ。

UEFIだと、大容量HDDとかつかえるし、フォームウエア上でマウスつかえたり、

webの閲覧までできちゃったり。

さあ、これで、ハードと起動USBメモリの準備はできた、次回はインストールしていくよ。

 

 

古いサーバーで横がさみしいので、絵を描いてみた。