freebsd インストール(10.0-RELEASE)①
topへ
おすすめ記事
Freebsd10.0LAMP
メールフォーム
添付メールフォーム
ビットコイン取引ボット

2014-12-07 20:16:57

freebsd インストール(10.0-RELEASE)①

久しぶりにFreeBsdを新規にインストールしてみる。

  • LAMP(linux,apache,msql,php)ではないけどもFAMP (freebsd,apache,msql,php)
  • を余りパーツで格安でインストールするのが目標。

    これで、自宅回線からwebを発信できるよ。

    最近はめんどくさがって、普段つかってるウィンドウズにapacheを入れて発信する感じの記事も多いけど、やっぱサーバーは分けたいし、unixでしょ。

    個人のサーバーなんて安上がりで十分。 

     

    ここから、インストール一式をすることにするよ。

    http://www.freebsd.org/

    最新のOSを公式で確認する。

    2014/7/7 時点でFreeBSD 10.0-RELEASEのようだ。

    基本的に32ビットではなく、64ビットのプラットフォームでインストールすることにする。

    32ビットは3Gがメモリマックスだし、数年したら無くなっていくだろう。

    そして、一般的なamd64をプラットフォームにしておこう。

    どうも、インテルが32ビットでi386プラットフォームで固執してる間に、実質64ビット

    のプラットフォームはamd64になってしまったような気がする。

     

    ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/releases/amd64/amd64/ISO-IMAGES/10.0/

     

    ということで、ここでOSのイメージファイルをダウンロードする。

    FreeBSD-10.0-RELEASE-amd64-memstick.img

    をダウンロード。

    次に、USBメモリを用意する。

    USBメモリは2G程度あればなんでもいいけど、しゃねちゃんは、100均のセリアで買ったリーダーに 楽天で買ったmicrosd をつかってる。メール便いれて安いときは500円位。

    usbメモリなどもう殆ど使わなくなってきたし、これで十分。

     

     さて、これに書き込むんだけども、普通のUSBメモリを起動できる状態でインストールする必要がある。正式には、FreeBsdでコマンドごにょごにょなんだけども、めんどくさいじゃないの~

    ということで、イメージisoだけあれば、簡単にやける、シリコンリナックス株式会社様のDD for Windowsを使う

     フォルダに解凍するだけで、特にインストールなしで使える。

    ※インストール先USBメモリを間違わないこと

    ddなので全部きえちゃうよ。

    ポイントは、管理者として起動する。

     

     そして、ファイルはすべてでFreeBSD-10.0-RELEASE-amd64-memstick.img

    を指定して書き込むだけ。

     

     

    書き込みが終わったら、

     

    なんてわかりやすく書いておくと何かといい。

     

    ちなみにちゃんと、起動できるか。USBから起動してテスト

     

     

     

     ちゃんと動いた。

    このUSBメモリを元にして、次回はインストールをしていこう。